LESJビジネス英語サービス行政書士事務所のブログ

lesj.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 28日

翻訳と背景知識

翻訳には調べ物がつきものです。

私の場合、一つの翻訳を仕上げるのに、半分くらいの時間は
調べ物に費やしている気がします。

そして、このうち最も時間がかかるけど、決して省いては
いけないのが背景知識系の調査・収集。

ビジネスの現場のイメージが描けない状態で翻訳をすると、
誤訳のリスクが高くなりますから、締切を気にしながらも、
まずは、全体像がつかめるところまで、しっかり理解します。

私は、日本語から英語に訳す仕事の方が多いのですが、
特に注意するのは漢字の羅列が多い日本語の名詞。

漢字は大きな概念を端的に表現できる素晴らしいアイテムです。
しかし、これを英語圏の方がビジュアルに想像できる
分かりやすい内容にするのは至難の業。
特に不慣れな分野の言葉だと本当に苦労します。

なんとなくそれらしい雰囲気に訳してあっても、
訳者が原文を正しく理解していないと、訳語が英語として
チンプンカンプンになりますから、すぐにばれます。

これはクライアントとして翻訳を外注している時代に
よく経験しましたので、自分が訳出する上でも
最も重要なことだと思っています。

どんな仕事も一生勉強。

翻訳も学ぶことが山ほどある一方で常に締切との闘いです。

限られた時間の中で、リサーチ、訳語の決定、翻訳、校正、
見直し、納品まで時間を管理していかなければなりません。

私の場合は、翻訳の他の業務もあるのでそちらとのバランスも考慮して
クライアントに絶対に迷惑をかけずに納品できる納期をご提示するように
しています。

059.gif思いがけないPCトラブルや体調不良、突発事項等、想定外の
事態はあり得ることです。ギリギリな条件での受注は、
結局お客さまに迷惑がかかりますから、クオリティを犠牲にしない
ために無理はしないことにしています。

とはいっても、スピードが明暗を分ける現代社会です。
いつもマイペースというわけにもいきません。

将来的に訳出スピードをあげていくために、日々焦らず、たゆまず
背景知識と英語力(語彙の細かいニュアンスまで含めた正しい用法)
を蓄積して完成物に反映させていきたいと思っています。

そのためにも普段からのコマ切れ時間のコマ切れ情報収集、大切です。056.gif

by lesj | 2011-09-28 20:53 | 通訳・翻訳
2011年 09月 24日

柳に風

c0228650_1073294.jpg
書道を習っているお友達から
嬉しい贈り物をいただきました。
好きな言葉はなぁにと聞かれてから数ヶ月
毎日家事に育児に忙しい主婦である友が
私のために練習を重ねて書いてくれたのかと思うと
胸にじ〜んと来ます。

『柳に風』
人生いろいろなことがありますが、穏やかさに秘める
しなやかな強さ、身につけたいです。

by LESJ | 2011-09-24 10:07 | なごみの時間
2011年 09月 18日

SOHOやフリーランサーに向く会計ソフトとは

会社を辞めて起業しよう!と決心したはいいものの
まず最初に憂鬱になるのは経理処理のことではないでしょうか。

もともと背景知識がある方は別として、
お勤め時代は経理担当がやってくれたことを、
起業したら全部自分でやらなければいけない!
これは経理未経験者にとっては一大事です。

将来の節税のことを考えると、やっぱり青色申告?039.gif
自分でやるなら複式簿記を覚えなきゃ。
とりあえず、簿記検定受けとくか!
うーん、そこまで手が回らないから専門家に代行してもらおうかな?等々

会計ソフトや簿記の話となると、ちまたには情報が溢れているので、
自分にとって何がベストなのかはっきりしないうちに、
気がつけば確定申告期限まであと△日!!という、後がない状態になりかねません。
(私がそうでした。。。(^^;))。

会計ソフトはクラウド型、ソフトウェア型、いろいろありますが、
いわゆる定番ソフトや人気のソフトが必ずしも万人に向くとは限りません。

「自分にとって本当にそれがベストなのか。」
「そもそも会計ソフトを導入する必要があるのか。」
という基本的な検討は経営者になる上で最初にしておかなければならない
大切なことだと思います。

私は、とりあえず請求書と領収書のコピーだけとっておいて、
後は一気にエクセルで決算書作成という方法で初年度を乗り切りました042.gif



私は経理経験ゼロですが、この本のおかげで出来ました↓
★★★★★
図解 フリーランスのための超簡単!青色申告 [単行本]

アマゾンのレビューにはマイナスの評価もあるようですが、
私はコストパフォーマンスの意味はもちろんですが、内容的にもおススメです。




最近になって、来年度に備えるべく、請求書の発行から、
入金管理、決算書作成まで一元化できる会計ソフトをリサーチしてみたのですが、

・請求書のデザインのカスタマイズ
・請求書の発行(顧客への郵送手配)
・入金確認
・顧客データ管理
・売上分析
・会計記帳
・決算処理

という私が求めていた要素を
低コストで劇的に解決してくれるようなソフトは特に見つからず。。。
結局エクセルを駆使すれば大抵のことは十分できることを再確認しました。

会計の世界は企業の核を握る部分なので、
システム開発も日進月歩でどんどん進歩して
いくのでしょうが、どこまで行っても変わらず言える事はただ一つ。

ユーザーが使いこなせなきゃ意味がない!

日々の時間は限られています、商売を継続していくためには、
開業当初だけでなく軌道に乗ってからも勉強することは山ほどあります。

24時間を仕事、勉強、ネットワーク作り、余暇に振り分けていかなきゃならない
個人事業主にとっては、経営の勉強は大切ですが、
会計ソフトの使い方の勉強はどちらかというと優先順位が低い!

導入コストと使いこなせるまでの試行錯誤の時間を考えると、
「経理処理の量が膨大になってしまい効率化がどうしても必要!」
という理由でもない限りは、既存の使い慣れたソフトウェアを見直してみることで
意外に十二分に事足りるのではないでしょうか。

結局、固定費の削減と、限られた時間内での作業の効率化がとっても重要な
個人事業主にとっては、「最適な会計ソフト」とは。。。
世間の評判ではなく、「自分が使いこなせて愛着が湧くソフト」だと思います。

愛車を選ぶような感覚で、会計ソフトも選ぶと
機能、スピード、維持コスト、全ての点で納得が行く選択ができるのかもしれませんね^^。

by LESJ | 2011-09-18 13:57 | 実録:起業のイロハ
2011年 09月 13日

エコは大変

今日は東京出張です。

いつも駅まで送ってくれる母にたまたま予定が入っていたので
自力で駅まで行くことにしました。

明日の朝、帰宅予定なので…
車で行って駅前の駐車場を使えば、24時間800円。バスならば300円…。
しばし考えて、節約とエコのために、バス使うことにしました。

しかし!久しぶりに近所のバス停に時刻表を見に行くと、1時間に一本しかない‼
考えてみたら、前回乗ったのは2年前。
一家に、というよりは一人に一台マイカーが当たり前の土地柄ですから納得です…。

ちょうど良い時間のバスがないので予定していた仕事も取りやめて、
早々に出かけることにしました。

さて、早めに出て、バス停で待機。
ところが、ここで忘れ物に気づき、自宅まで猛ダッシュ。
もう「間に合わないでしょ!」
という母のシビアな言葉にも負けず、バス停までUターンするべく、さらにダッシュ。
田舎では、滅多に見かけない駆け込み乗車で何とか無事に乗り込みました。

さて、庭で水やりをする母を横目に、心臓バクバクで駅へと出発。

息切れしながらも、無事乗れたことを母に報告すると…。

なんと、
「予定はなくなった。
駅まで送ってあげられたよ。」
とのこと。
♪───O(≧∇≦)O────♪

人生そんなもんですよね。

そんな訳で、心臓バクバクで若干寿命が縮まったのではないか?
と気になりながらも、エコな選択をしたことについては良い気分の朝となりました。

普段は、当たり前になってますが、家族がいて送り迎えをしてもらえるのは、
ありがたいことですね☆彡

by lesj | 2011-09-13 05:51 | 番外編
2011年 09月 09日

真の効率化とは

翻訳をしていて常に考えるのは、いかにして最小限の時間で
一番いい仕事をするかということ。

翻訳ソフトや翻訳資産(今までに訳した内容をエクセルの
辞書などにしてとっておくこと)を駆使して何とか効率化を
図ろうとした時期もありましたが、私の場合はそういう作業を
しているとかえって時間がかかってしまうので、
今では、「必要な時に調べればそれでいい。」という意識に
変わりました。

最大の辞書はインターネットなので、いつも使うサイトは
起動時に固定表示されるようにしておいたり、

PDFの資料は一つのフォルダーにまとめておいて、Adobeの
検索機能でフォルダー指定で一気に検索できるようにしたり、

翻訳ソフトに入力する自動変換できる単語は出来る範囲で、
短めに、完全一致する範囲でいいやと開き直ったり、

分野ごとに別ファイルでエクセルの対訳辞書を時間のあるとき
に作っておいたり、

スパッと考え方を変えて、
「どこに何かあるか大体把握していればいいや。」
「毎回記録しなくても、また調べればいいや。」
と思ったら随分と気が楽になって、翻訳がはかどるようになりました。

そもそも翻訳はクリエイティブな作業なので、
コマ切れに思考が途切れてしまうようなやり方をしていては、
はかどるはずがないんです(^^;)。

アナログとデジタルの境い目くらいのバランスが
私にとっては一番効率がよろしいようです。

試行錯誤、大切ですね045.gif

by lesj | 2011-09-09 19:58 | 通訳・翻訳