LESJビジネス英語サービス行政書士事務所のブログ

lesj.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 18日

SOHOやフリーランサーに向く会計ソフトとは

会社を辞めて起業しよう!と決心したはいいものの
まず最初に憂鬱になるのは経理処理のことではないでしょうか。

もともと背景知識がある方は別として、
お勤め時代は経理担当がやってくれたことを、
起業したら全部自分でやらなければいけない!
これは経理未経験者にとっては一大事です。

将来の節税のことを考えると、やっぱり青色申告?039.gif
自分でやるなら複式簿記を覚えなきゃ。
とりあえず、簿記検定受けとくか!
うーん、そこまで手が回らないから専門家に代行してもらおうかな?等々

会計ソフトや簿記の話となると、ちまたには情報が溢れているので、
自分にとって何がベストなのかはっきりしないうちに、
気がつけば確定申告期限まであと△日!!という、後がない状態になりかねません。
(私がそうでした。。。(^^;))。

会計ソフトはクラウド型、ソフトウェア型、いろいろありますが、
いわゆる定番ソフトや人気のソフトが必ずしも万人に向くとは限りません。

「自分にとって本当にそれがベストなのか。」
「そもそも会計ソフトを導入する必要があるのか。」
という基本的な検討は経営者になる上で最初にしておかなければならない
大切なことだと思います。

私は、とりあえず請求書と領収書のコピーだけとっておいて、
後は一気にエクセルで決算書作成という方法で初年度を乗り切りました042.gif



私は経理経験ゼロですが、この本のおかげで出来ました↓
★★★★★
図解 フリーランスのための超簡単!青色申告 [単行本]

アマゾンのレビューにはマイナスの評価もあるようですが、
私はコストパフォーマンスの意味はもちろんですが、内容的にもおススメです。




最近になって、来年度に備えるべく、請求書の発行から、
入金管理、決算書作成まで一元化できる会計ソフトをリサーチしてみたのですが、

・請求書のデザインのカスタマイズ
・請求書の発行(顧客への郵送手配)
・入金確認
・顧客データ管理
・売上分析
・会計記帳
・決算処理

という私が求めていた要素を
低コストで劇的に解決してくれるようなソフトは特に見つからず。。。
結局エクセルを駆使すれば大抵のことは十分できることを再確認しました。

会計の世界は企業の核を握る部分なので、
システム開発も日進月歩でどんどん進歩して
いくのでしょうが、どこまで行っても変わらず言える事はただ一つ。

ユーザーが使いこなせなきゃ意味がない!

日々の時間は限られています、商売を継続していくためには、
開業当初だけでなく軌道に乗ってからも勉強することは山ほどあります。

24時間を仕事、勉強、ネットワーク作り、余暇に振り分けていかなきゃならない
個人事業主にとっては、経営の勉強は大切ですが、
会計ソフトの使い方の勉強はどちらかというと優先順位が低い!

導入コストと使いこなせるまでの試行錯誤の時間を考えると、
「経理処理の量が膨大になってしまい効率化がどうしても必要!」
という理由でもない限りは、既存の使い慣れたソフトウェアを見直してみることで
意外に十二分に事足りるのではないでしょうか。

結局、固定費の削減と、限られた時間内での作業の効率化がとっても重要な
個人事業主にとっては、「最適な会計ソフト」とは。。。
世間の評判ではなく、「自分が使いこなせて愛着が湧くソフト」だと思います。

愛車を選ぶような感覚で、会計ソフトも選ぶと
機能、スピード、維持コスト、全ての点で納得が行く選択ができるのかもしれませんね^^。

by LESJ | 2011-09-18 13:57 | 実録:起業のイロハ


<< 柳に風      エコは大変 >>