LESJビジネス英語サービス行政書士事務所のブログ

lesj.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 02日

外国人アシスト(外国免許書き換えの巻)


先日オーストラリア人の女性の外国運転免許⇒日本運転免許への書き換えの
アシストをして来ました。

向かった先は山梨県総合交通センターです。
免許を取るために行くところですが、車の免許を取ってから行きたかった!
と思わせるほど、とってもアクセスの悪い場所にあります。

そんなわけで、今回は送り迎え&交通センターの職員さんとの面談時の
通訳というお仕事でした。

ちなみに外国の運転免許証から日本の運転免許証を取得するには
運転試験の免除が認められる必要があります。書類が揃ってさえいれば
すんなり通る話なのですが、今回私がアシストしたのは書類不備のため
再提出となったケースでした。

そもそも、免除の条件のひとつに
「外国免許証を取得した後、その国に通算して3ヶ月以上滞在していたこと
が証明できること」というものがあるのですが、オーストラリアの場合は入国・出国
のスタンプをパスポートに押さないので出入国履歴が確認できず、改めて一覧を
公的機関から取得して再提出することになったのです。

交通センターでは、書類確認だけでなく面談もします。運転免許取得に必要とされる
運転時間や、結構細かい質問もされます。自国でペーパードライバーだった方や
何らかの詐欺もこうした質問で見抜くんでしょうね。

面接でOKが出れば、あとは簡単な質問が書いてある書類(病歴についての質問等)
にサインして日本の免許証が即日発行されます。

034.gif違反等で警察が免許証を確認する際は外国人登録証と運転免許証の
記載内容が一致していないと、ちょっと面倒なことになります。
住所の変更の際は、必ず外国人登録証と運転免許証の両方を変更することが大事です。

外国免許書き換えの参考情報も以下、ご案内します。

(1)試験免除申請のための条件
詳しくはこちら

(2)外国免許証の日本語翻訳文(提出書類の一つです。)
なぜかここでもJAFの出番です。JAFが翻訳してくれるんだそうです。
詳しくはこちら


おまけ056.gif
c0228650_16541837.jpg

山梨県総合交通センターです。
外国免許書き換えに関しては、完全予約対応なので待ち時間もなくとてもスムーズでした058.gif

by lesj | 2010-08-02 16:57 | 通訳・翻訳


<< 判例調査でハマる      英文サマリーをつくる。 >>