LESJビジネス英語サービス行政書士事務所のブログ

lesj.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:海外通販サポート( 5 )


2010年 07月 01日

≪海外通販≫⑤こんな手もあります。。。


前回ご紹介した代理発送サービス。

一つ難点を言えば、DHLやFedExという国際宅配便を使用する
ため送料が高いことです。

「これだと、商品本体の価格よりも送料の方が高くついちゃうなー。。。」
と思った方もいらっしゃるでしょう。

そこで、もうひとつの選択肢。それはeBayです。

eBayはオークションサイトなので、出品者も一般人。
自分用のアカウントを作成する必要はありますが、
登録料や落札料は不要です。

支払いは①でご紹介したPayPalのアカウントが
あれば問題ありません。

eBayのサイト(英語のみ)
http://www.ebay.com/

但し、ここでも日本には発送しないという出品者もいるので
shipping(発送)についての情報をよく確認する必要が
あります。表示されている情報は出品者の国内運賃だと
考えて、実際に日本まで送ってもらうといくらかかるのか
あらためて確認する必要があります。

さて、どうやって使うかというと・・・

まずは、トップ画面の冒頭のボックスに検索したいアイテムを入力。
試しにdressと入力してenterまたはsearchボタンをクリックすると
dressの画像がたくさん出て来ます。

今回はすぐに買えるアイテムが見たいので、Buy It Now onlyのタブを
クリック。すぐに買えるアイテムがずらりと表示されるので、この中から
気になる画像をクリック。

拡大表示された画像の横には、Shippingの欄があって、そこに送料が
記載されています。See all shipping detailsと表示されている場合は
ここをクリックしてChange countryの中からJapanを選べば日本まで
の送料が確認できます。

画面右側のSeller infoでは出品者の評判が確認できますし、
Other item infoでは、海外発送をしているか⇒Ships to:Worldwide
支払方法は?⇒Payments:PayPal, Visa/MasterCardなどがすぐに
確認できます。

でも、英語のサイトではやっぱり不安だなーという方のために、日本語サイト
もあります。

セカイモン
http://www.sekaimon.com/(eBayの日本向け公認サイト)

こちらでは、「PayPal支払のみ」「米国内のみ発送」の商品も、代理で
支払と米国内での受取をして日本へ送ってくれるんだそうです。
説明も日本語なので、納得するまで確認してから買い物をしたい方には
必見のサイトですね。

ちなみに、わたしは数年前に会社の仮装パーティーのために70年代風の
ワンピースをeBayで買いました。普通郵便だったので送料もそんなにかからず、
問題なく使えたので助かりました。

eBayのような個人間の売買サイトの場合、相手は業者ではないので、
クレーム対応とかはあくまでも個人の良心に頼る部分が大きいことは
知っておかなければいけないことですよね。ちょっとお金を出しても新品
を業者から買うか、中古でもいいからとりあえず手に入れてみるか。
検討材料はいろいろありますね。

まっそうは言っても買い物もご縁なので、とりあえずは気軽に英語サイト
でeBayのぞいて見て下さい。英語の勉強になるし、超レアなアイテムとの
出会いがあるかも知れませんよ016.gif070.gif

by lesj | 2010-07-01 20:24 | 海外通販サポート
2010年 06月 30日

≪海外通販≫④あきらめるのはまだ早い。。。

海外サイトの場合、国外発送をしてくれないところを多く見かけます。
その国に住んでいる親切なお友達が居れば一番ありがたいですが
通常は、業者が提供するサービスを利用することになるでしょう。

こうした業者は、国外発送をしないお店から買い物をしたい人の
ために・・・・・・①国内の住所を提供する。
        ②商品を代理で受取り、国外発送をする。
のサービスを提供してくれます。

今回はネットで見つけた「代理発送」をしてくれる業者を2社ご紹介
します。私自身にまだ利用経験がないのが申し訳ないのですが、
今後必要が発生したら使ってみようかな?と思えた2社です。

Bongo International
http://bongous.com/ja/mail_forwarding_individuals.php
日本語サイトがあるので便利です。
海外のサイトの日本語サイトはちょっと怪しい感じがすることが
多いのですがこちらは必要な情報もちゃんと掲載されていて
好感が持てます。

MyUS.com
http://myus2.myus.com/default.aspx
英語サイトしかないのが残念ですが、サイトのつくりも使い勝手
が良く、大手なんだろーなーという安心感を与えてくれます。


065.gif気になる料金ですが、BongoもMyUSもまずは登録料を支払って
自分専用の住所をもらい、後は別途送料を負担するというシステムです。

登録料は、一定期間の固定料金を払うか、または使った分だけの
いずれかを選択できます。常に利用する方でない限りは、
使った分だけのコースを選択なさるのが良いと思います。

登録料のみを比較すると・・・Bongoは5ドルで、MyUSは10ドルと
Bongoの方がお得な設定になっています。

日本までの送料は下記リンクから確認できます。MyUSの方が若干
お得ですが、前述のように登録料が倍だということをお忘れなく。

Bongo
DHLとFedEx使用。
http://bongous.com/ja/shipping_cost_calculator.php

MyUS
基本は、DHL。希望があれば、FedExも可能。
http://myus2.myus.com/Memberships.aspx

034.gifここで注意点。

各種規制により海外から輸入できないものがあります。
生もの、液体、コーヒー、アルコール類、可燃性化合物、動物など
禁止項目は結構幅広いです。代理発送サービスが使えず、結局
オーダー後に商品をあきらめることにならないように、ご自分の
購入アイテムが問題ないものかどうかしっかりご確認ください。

下記、MyUSの禁止アイテムのリストが参考になります。
http://myus2.myus.com/HelpDesk/ExportCompliance.aspx

いずれにしても、不安点があれば、業者に直接問い合わせする
ことをおススメします。まずはFAQのページを確認。それでも不明点が
あれば、後日の記録の意味からも、問い合わせフォームまたは
メールでの問い合わせがベストです(返信もメールで来ますので)。

問い合わせ先
Bongo
http://bongous.com/ja/mail_forwarding_leaders.php
MyUS
http://myus2.myus.com/HelpDesk/ContactUs.aspx

海外から個人輸入しようとしているわけですから少々面倒なのは当然。
でもどうしても欲しいものがあれば利用する価値はあるサービスですよね016.gif

by lesj | 2010-06-30 16:14 | 海外通販サポート
2010年 06月 20日

≪海外通販≫③まだまだ安心できません。


日本への発送が可能なことを確認したら次は
支払方法の確認です。

PayPal可能ならば一番ありがたいですが、ダメな場合は
でつくっておいた海外通販用のカードを使います。

支払情報についての記載がないようなシンプルなサイトでも
どうしても買いたいものがある!!!という場合は、直接メールで
カードで支払いたい旨を伝えてみる手もあります。

あわせて日本への発送の可否と金額等についても確認して
おくと安心です。

以下、簡単な問い合わせ用の例文をご紹介します。

****************************************************
≪例文≫
Dear Customer Service,

I'm interested in purchasing a ***, item No. ***** listed on your website.
[品物が複数ならば a は数に変わります。a pen→two pens]

Do you accept VISA?
[別のカード会社ならばその名前を入れます。MASTER/AMEX/JCB等]

Also, could you please let me know the shipping rates and times to Japan?

Thank you.

(自分の情報)
名前
メールアドレス

034.gif
他の個人情報については相手の出方を見て、本当に必要になってから提供すると良いでしょう。

≪訳文≫

お客様係 ご担当者様

貴社のサイトに掲載されていた(品物の名前+品番等)を( )点購入したいのですが、
VISAカードでの支払いは可能でしょうか。

また、日本への送料および到着までの日数について教えてください。

よろしくお願いします。 

****************************************************

きちんとした返信を3日以内にくれるようなお店であれば、ちょっと勇気を出して
商談を進める価値はあります。後日にトラブルが発生した場合のことを考えると
あまり高価なものはおススメできませんが、問題なく手元に商品が送られて来る
可能性は十分にあります。

実際に私もこの方法で、日本ではちょっと見かけないオシャレな壁紙をアメリカの
サイトから買いました058.gif

『虎穴に入らずんば虎児を得ず!』というとちょっとおおげさかもしれませんが
直接交渉の後で商品を無事手に入れたときは、喜びもひとしおです。

034.gif海外通販での顧客としてのやり取りに関しては文法的に正確かどうかに
ついてあまり神経質にならなくても大丈夫です。英語を外国語とする
他国の皆さんはガッツのある英語力で、必要な情報を伝えることメインに
文章をどんどん書きますし、ネイティブの皆さんは意味をちゃんと拾って
理解してくれるのでなんとかなります。

063.gif余談ですが、私の友人のイギリス人は中国の方が開設していた、かろうじて
意味が分かるという英語サイトから奥様が着るオーダーメイドのウェディング
ドレスを買っていました。商品が届くまでは不安がっていましたが、届いたら
そのフィット感に奥様も大喜び。本人はお得な買い物が出来たと得意顔でした。

英語サイトでのドキドキはネイティブも経験してるんだなぁとちょっと新鮮な
発見でした001.gif



では、次回は海外への発送に対応していないケースの対策と注意点に
ついてご説明します。

④に続く。。。

by lesj | 2010-06-20 18:51 | 海外通販サポート
2010年 06月 20日

≪海外通販≫②ここをまずチェック!


お気に入りの商品を見つけて、支払情報も全部入力した
後に、「ガーン!!!えー、海外発送してくれないの???」
という失敗を私は何度かしたことがあります。

そこで、今では、まず最初に確認するのが日本への発送
の可否と送料のチェック。

キーワードは 「International Shipping」です。

サイトによって違いますが、ほとんどの場合は送料やポリシーに
ついてまとめて記載してあるページがあります。楽天などの日本の
サイトで見かけるタイプと同じです。

ここでは、分かりやすいのでAmazonのサイトでご説明します。

画面の下の方にスクロールしていくと。。。

右下のLet Us Help Youの下に
Shipping Rates & Policies
という文字が現れます。

まずはこれをクリック。

その次は、Shipping & Deliveryの下の
International Shipping Ratesをクリック。
International Shippingの国名にJapanが
あることを確認。

Japanをクリックして送料を確認。

まあまあ納得のいく金額ならひと安心。第一関門クリア!です。

034.gif
日本への発送をしていないサイトでもあきらめるのはまだ早いです。
a)発送対象国に代理で受け取って送ってくれるような友達が居ないか考える。
または
b)代理受け取り+発送をしてくれる業者の利用を考える。
などの方法もあります。
このあたりのご説明は④でお話するとして。。。

次回は、さらなるチェックポイントについてご説明します。

③に続く。。。

by lesj | 2010-06-20 16:55 | 海外通販サポート
2010年 06月 15日

≪海外通販≫①ちょっと勇気を出して。。。

海外からの直輸入。。。響きはちょっと緊張しますが、
準備さえ整えておけば、特に心配することはありません。

必要な準備は、一日あれば十分のスリーステップ。

①海外ショッピング用にクレジットカードをつくる(VISAまたはMASTERで)。
②gmailのアカウントをつくる。
③つくったカードとgmailのアカウントを使って、PayPalのアカウントをつくる。

海外ショッピング用のクレジットカードとは、別に特別なカードではありません。
公共料金の引き落とし用や、ポイントを集めているような解約したくないカード
とは別に、年会費も無料だし、解約しても特に未練がないようなカードを用意
しておくということです。

gmailは、スパムメール対策がバッチリですし、無料で気楽に作れるので
アカウントをいくつか持っておくと便利です。海外とやりとりするようになると
なぜか英語のスパムメールが急増しますが、gmailのフィルターには見事に
ひっかかるので特に気になりません。

PayPalは、売り手にクレジットカード番号を知らせることなく、支払ができる
便利なシステムです。

PayPal


海外旅行での買い物や、海外通販での買い物にクレジットカードを使うのは
確かにリスクがゼロではありません。実際に、カードの番号を盗まれてしまい
解約した知人を何人か知っていますが、みなアジアへの海外出張が多い
外国人でした。海外通販の場合も、頻度が増えてくるとリスクも増えるかも
しれませんね。どのサイトから買い物をするか、その判断はとても大事です。

ちなみに、不審な動きがあると、カード会社が気付いて連絡をくれること
もありますが、基本的には、引き落とし前に必ず請求書をチェックする癖を
つけることが大事ですね。

では、次回は、海外通販の際のチェックポイントについてお話しします。

by lesj | 2010-06-15 16:10 | 海外通販サポート