LESJビジネス英語サービス行政書士事務所のブログ

lesj.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 15日

授業風景 その1

LESJの英語スクールは、生徒さんのご希望を最優先にする
プライベートレッスンです。

お一人お一人が、いろいろな想いと目標をもちながら
英語力upに向けて頑張っていらっしゃいます001.gif


海外生活も体験し、現在も日々英語を話す環境にあるAさんは、
会話はもうできるので、文法や長文読解力を強化することが目標です。

まずは、高校生用の基礎の薄い問題集から始めて、現在は、
難関大学受験用の英文解釈の問題集を一緒に精読しています。

英文読解は、慣れてきますと、「さらっと、なんとなく意味は分かる。」
という段階になります。問題の8割はこの段階でも解けます。

でも、Aさんは、内容をしっかりと、本当に理解したい方です。
ですから、あえて、一文一文訳していくという、「精読」スタイルで
一緒に学んでいます。

精読をすると、構文の構造や、書き手が意図していた韻まで
発見、理解できるようになってきます。

英文(特に名文)には、言葉の響きを楽しむ「韻を踏む」箇所や、
真面目な表現なんだけれども、実はくすっと読者を笑わせる
ユーモアが含まれていたり、書き手の遊び心があちらこちらに
隠れています。

「問題集を解く」というアプローチの場合、細部にいたるまで
英文を味わうことは、なかなか難しいですが、実は問題集に
載っているような文章には、問題などにしてはもったいないような028.gif
珠玉の名文が隠されていたりもします。

精読をするレッスンの楽しさは、「いいこと書いてありますねー。」とか、
ここ、「実はちゃんと構文になってるんですよー。」とかマニアな話を
しながら、一歩ずつ探検をするように、生徒さんと一緒に文章を読み解いて
いくところにあります。

英文を読む楽しさは、想像力を使って、時空を超えて書き手と一つになることです。
その楽しさを生徒さんと共感している時間は、とても贅沢にゆったりと流れていきます072.gif

by lesj | 2011-06-15 20:20 | ビジネス英語指導


<< 生産性向上の落し穴…      今日は出張です。 >>